2020.12.25
【時短家事】2.一時的な片付け場所をつくる

まずはモノの定位置をきめること

そしてその場所が家族全員にシェアできていること。

 

これが散らからないコツです。

 

家族みんなが片付けやすい場所に分かるように置く!ですね。

定位置はそれを使う場所の近くにしてあげると、

もっと片付けやすくなります。

 

 

そうはいっても、

モノの定位置が決まっていてもなかなか片付かない・・・

というときもあると思います。

 

そんな時の応急処置法をお伝えします。

一時避難BOXを設置する!

 

 

折り畳みメッシュBOXを準備します。

それにソファーにかかっているひざ掛けや、

床に置いてあるものをポイポイ一時避難させます。

 

 

お子さんのおもちゃも、このBOXを広げて

「そこに全部入れて~!」

と言えば子ども達だけで片付けが出来ます。

 

 

あちこちに散らかっていたものが1つにまとまるので、

それだけでもスッキリしますし、掃除機もかけやすくなります。

 

 

メッシュBOXにあるものは、寝る前に一度だけリセットする!と

決めておくとリビングの片付けに追われることもなくなりますよ。

 

 

メッシュBOXは100円ショップにも置いてあります。

使わない時は折りたたんで収納できるのでオススメです。

 

 

 

 

 

ダイニングの上につい置いてしまいがちな郵便物、

これも放っておくとどんどん溜まってしまいます。

 

 

まず手紙などを取る場所にゴミ箱を設置しましょう。

その場で、必要のない郵便物やチラシは捨ててしまいます。

 

 

必要な郵便物だけリビングに持ち込み、

一時避難BOXへ入れましょう。

この時BOXを人ごとに分けたり、緊急度別に分けるなど

しておくと、後で確認する時に時短になります。

入れっぱなしにならないように気を付けて下さいね。

 

次のページ≫3.掃除しやすい環境を整える

記事を書いた講師
時短家事コーディネーター®Expert
PAGE TOP