2020.12.25
【時短家事】3.掃除をしやすい環境を整える

リビングは人がいる時間が長い場所です。

掃除も手早く終わらせたいですよね。

 

そこで、掃除しやすい環境にしておくことも時短ポイントになります。

 

 

・全てのモノを浮かせておく!

 

 ソファーや椅子などを浮かせておく事はよく聞く話だと思いますが、

 ゴミ箱や空気清浄機などもキャスター付きのモノに乗せておくと

 掃除機がかけやすくなります。

 

 

 空気清浄機は本体にキャスターが付いていますが、

 動かしにくく、倒れてしまう危険があります。

 

 

      キャスターに乗せておくと、さっと動かせて

   ストレスフリーで掃除機が出来ます。

 

 

  キャスター付きの台も、ゴミ箱サイズなら100円ショップの

 ガーデニングコーナーで私は見つけましたので、ぜひお試しください。

 

 

 

 

掃除道具を近くに設置する!

 

 例えば

  ・テレビ台の横や後ろにハンディモップを置いておく

  ・粘着クリーナー(コロコロ)をソファーの近くに置いておく

  ・掃除機・クイックルワイパーをリビングの死角に設置する

                              など

 

 

 

テレビの前を通ったら、ほこりが見えたから、ハンディモップでさっと拭く。

カーペットに髪の毛が見えたから、テレビを見ながらコロコロする。

子どもの食べこぼしを掃除機でさっと吸い取る。

 

こんな風についでちょっとした隙間時間にすぐ掃除に取り掛かれるように

しておくと、リビングにいる家族にワザワザよけてもらったりする

余計な手間も省けるので、オススメです。

 

 

 

まとめ

 

『リビングに家族のモノが集まり掃除がしにくい』の

改善ポイントをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

リビングをスッキリするためには・・・

 

 

「モノを持ち込ませない」 「少ないアクションで動線上に」

「モノの定位置をつくる」 「一時避難BOXをおく」

「掃除道具は使う場所に」 「隙間時間そうじ」

 

 

などなど、キーワードがたくさんありました。

 

 

家族が一番長くいるリビング、快適に過ごしたいですよね。

そのために、ご家族にも協力してもらいながら、

『スッキリ!』をキープできるよう、

できそうだなと思う箇所から工夫してみられて下さい。

 

 

 

 

≪最初から読む

 

記事を書いた講師
時短家事コーディネーター®Expert
PAGE TOP