ワークライフインテグレーション協会からのお知らせ
2019.10.10
ソフトバンクニュースで時短家事コーディネーターが紹介されました!

時短家事で忙しい日々を乗り切る! 専門家が指南する負担軽減のための“5カ条“とは?

 

ソフトバンクニュースで時短家事コーディネーター®認定講師で

協会の理事である柴田さちこが紹介されました。

 

時短家事で忙しい日々を乗り切る! ということで、

時短家事5か条を通して、

忙しい現代に必要な時短家事のメソッドを

紹介していただきました。

 

働く女性にとって、仕事と家事の両立は

生活していく上でとても必要なことです。

 

時短家事コーディネーター講座を受講していただいた方への

アンケート調査では、家事シェア率の割合は

全て妻がしている方が15%

8割以上妻がしている方が34%

6割以上妻がしている方が37%

という結果がでています。

 

まだまだ家事は女性の仕事という意識が強く

男性の家事参画は進んでいないのが現状です。

 

共働きが7割を超え、年々増加している現代では

男性も家事を手伝うのではなく、

自分の仕事として行う意識改革が必要だと感じています。

 

それは女性も同じで、

全て私がするものと強く思っており

自分で自分を苦しめている方が多いように思います。

 

「家族はチーム」と私たちは伝えています。

 

人材不足である日本にとって

女性は養ってもらう存在ではなく

チームで稼いで、

チームで家事をする。

そのチームには子供たちも含まれます。

 

みんなで助け合うことで

暮らしが豊かになり、

家族の絆が深まり、

笑って暮らせる世の中になると思っています。

 

私たちが豊かに暮らせる社会になるよう

時短家事メソッドを一緒に広めていきましょう!

 

ソフトバンクニュースはこちらから↓

時短家事で忙しい日々を乗り切る!

専門家が指南する負担軽減のための“5カ条“とは?

https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20191009_01

 

 

 

 

PAGE TOP