2020.07.28
家族みんなのモノが多く、毎日片付けに時間がかかる方への片づけポイント①

こんにちは、時短家事コーディネーター®Expert の野村 聡子です。

 

家族みんながモノが多くて、片づけに時間がかかるというお悩みはありませんか?

家族それぞれ、モノの持ち方が違いますよね。
ママにはゴミにしか見えないモノでも、パパには宝物や思い出のモノだったり(笑)
我が家でもありました・・・パパの思い出のビックリマンシールがゴミにしか見えませんでした(汗)

コホン・・・も、もちろん、家族でも興味や関心があることは違いますから、当然なんです。

 

では、どうすればモノが多い家族の片づけがスムーズにすすむのでしょうか?

 

めざせ、ストレスフリー!片付け時間を短縮して時短家事へ。

物持ちさんのモノの管理方法!ポイントを6つに分けてお伝えします。

 

目次

その1.一度全部出して、全ての量を目でみて確認する

その2.定期的に要不要の判断を家族で取り組む

その3.モノの量を決める

その4.しまう場所にラベリング

その5.自分が出したモノは各自でしまうルールを作る

その6.片づけやすいところから始める

 

 

 

その1.一度全部出して、全ての量を目でみて確認する

 

片付けを一人でやっていると、なんで私だけ・・・と嫌な気持ちになることがありますよね。

家族のモノは家族と一緒に、片づけたい場所のモノを全部だしてどれだけ持っていたのか、視覚的に見て実感してもらうことが必要です。

全部出すことで、使わないモノ・忘れていたもの・探していたものなど、仕舞いこんだ時の家族の気持ちも一緒に聞きながら、どんな変化があるかも吐き出してみましょう。

写真は恥ずかしながら、私の実家です。

倉庫の中に、中身も加工年数も不明の漬物瓶多数・・・持ち上げたとたん割れ、ドロドロの液体が・・・。

母は「あはははは、なんだろうね~使わないね~20年以上のもあるかも~」とのんきでしたが、危ないですよね。

ガラスが割れる程、劣化する年月保管したままだったということです。

この片付けを、両親、姉妹で終日かけてやりました。実家にいた頃は触りもしなかった、納戸。

魔窟でした・・・(笑)

実家の片付けは、まだまだ続いています。

 

 

その2.定期的に要不要の判断を家族で取り組む

 

2つめのポイントは、定期的にモノの要不要を考えてみることです。

お子様のいるご家庭だと、誕生日やクリスマスの前は効果的です。

新しく入ってくるモノのお家(住所)を先に決めることで、管理できるモノの量を超えないようにすることができますよ。

 

 

この動画は、娘と一軍ボックスの整理をした動画です。

娘自身に遊ぶもの、遊ばないモノで分けてもらいます。つい口出ししてしまい、拒否されていますが・・・。定期的に繰り返し行う事で、整理をすることが上手になり厳選してモノを持つことができるようになりますよ。

 

 

次のページ≫

 

 

 

記事を書いた講師
時短家事コーディネーター®Expert
看護師・介護福祉士・養護教諭2種免許
整理収納アドバイザー1級
整理収納教育士
自考力マイスター
片付け遊び指導士
PAGE TOP