2020.09.25
高いところの掃除方法が知りたい vol.1

こんにちは。時短家事コーディネーター®Expert の岡石 笑佳(えみか)です。

 

「床や机の上は掃除するけど、高いところの掃除はなかなかしない。」

「どうやって掃除をしたらいいんだろう?」

そんなことはないですか?

私自身、高いところの掃除は床掃除に比べるとかなり回数が少ないです。

というのも、

 

毎日、家の掃除だけをしていればいいわけではありません。

毎日、ほこりが一つもない完璧な家を望んでいるわけでもありません。

 

私の掃除の目標は、自分がご機嫌に過ごすための家つくりです。高いところの掃除もその一つ。

そこで、今回は『心地いい家つくりのための高い場所掃除』についてお伝えしたいと思います。

 

【目次】

1.掃除したい高い場所の確認

2.汚れを知る

3.掃除用具の準備

4.効率よく掃除するコツ

5.お掃除計画で続く気持ちいい家

 

 

 

1.掃除したい高い場所の確認

 

 

一口に「高い場所の掃除」といっても、どんな場所があるかわかりにくいですよね。

そこで、自分が掃除したいと思っている高い場所を全出ししてみましょう。

例えば

・天井

・照明

・カーテンレール

・高い窓

・時計

・絵の額

・換気扇

・箪笥の上

・神棚

なんとなく苦手意識のあることは、問題をどんぶり勘定している場合が多いかもしれませんが、見える化することで掃除したい場所のグループ化や掃除の頻度の違いなどが見えてきます。

 

自分がどうしたいのかをはっきりさせる。

その解決のための対象を見える化する。

 

そうすることで、苦手意識も薄れ解決までのハードルが下がってきます。

まずは、「掃除したい高い場所の確認」。雲をつかむような問題も見える化して確認すると、対策がしやすくなります。

 

 

2.汚れを知る

 

 

 

掃除をしたい場所は確認できました。となると、早速掃除したいところですが、実はその前に考えることがあります。

それは、汚れの種類。汚れは、ホコリ、油、手垢など様々です。そして、汚れには次の5段階があるんです。

 

1段階目…付着(ホコリなど。簡単に取り除ける)

2段階目…吸着(ホコリが水分を吸って付着している)

3段階目…粘着(汚れが固まって取りにくい)

4段階目…染着(汚れが染み込み落としにくい)

5段階目…お手上げ(掃除では汚れを除去できない)

 

予防掃除といわれる簡単な掃除を繰り返していると、常に汚れを取り除きやすい状態をキープできます。しかし、放置時間が長いモノは汚れを取り除くのに洗剤や道具を使ったほうがいい場合があります。

これから掃除するものによっては、掃除方法が違ってくるので「何を掃除するのか?どれくらい汚れているのか?」をイメージしてから掃除に取り掛かりましょう。

 

 

次のページ≫3.掃除用具の準備

 

 

 

記事を書いた講師
時短家事コーディネーター®Expert
整理収納アドバイザー
クリンネスト
グリーンコーディネーター
PAGE TOP