2020.10.26
天気を気にしない!「屋外干し」「室内干し」のハイブリッドで時短に!Vol.1

乾燥機能がついた洗濯機のシェアは増えているものの、まだまだ洗濯後、干して乾かしているという方も多いと思います。

 

お天気の良い日は「屋外干し」でも「室内干し」であっても、さほど問題はないのですが、雨の日や、気温が低い季節になると「部屋干し」の機会が増え、様々な問題が起こります。

 

「なかなか洗濯物が乾かない!」

「部屋の中に洗濯物があるのが気になる!」

「ジメジメする!」

 

など、ストレスに感じる事も多いのではないでしょうか。

 

そんな「室内干し」ですが、実はメリットもたくさんあります。

「室内干し」でもカラっと乾くコツを抑え、ストレスを減らして時短につなげましょう!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

室内干しのメリット・デメリットは

■気になるニオイを防ぐ

■できるだけ短時間で乾かす

■まとめ ~「屋外干し」「室内干し」のハイブリッドで時短に!~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

次のページ≫室内干しのメリット・デメリットは

記事を書いた講師
時短家事コーディネーター®Basic認定講師
時短家事コーディネーター®Expert
整理収納教育士
片づけ遊び指導士認定講師
整理収納アドバイザー1級
整理収納アドバイザー2級認定講師
企業内整理収納マネージャー
ノーマライゼーション・ファシリテーター
PAGE TOP