2020.11.25
ワンパターンになってしまう悩みを解決する5つの時短料理方法

こんにちは。

時短家事コーディネーターExpertの中村友美(ゆみなか)です。

 

料理に関する悩みごとはたくさんありますが、

その中ひとつである「料理がいつもワンパターンになってしまう」という悩みに、あなたもお困りではないですか?

 

忙しく過ごす中で、変化のある献立を毎日考える作業は大変なことです。

仕事をしていても、楽しいお出かけをしていても、『今日のご飯は何にしよう…』と頭をよぎるのではないでしょうか。

私も毎日の献立を考えるのは毎日苦痛というレベルだったので、まさにこの状態が続いていました。

 

なるべく違うメニューにしたいと思っていても、つい同じものにしてしまう。

買い物をする時もいつも同じような食材を選んでいる。

余った料理をうまくアレンジできない。

息子たちから「またこれ?」という正直なセリフを言われた日には、せつない気持ちに。

 

今回は、そんな私がワンパターンメニューから解放された5つの時短のヒントをご紹介したいと思います。

 

 

ワンパターンになる原因

 

そもそもワンパターンになる要因は、

 

・家族みんなが好きなメニュー

・作りやすい

・時間がかからない

・同じ食材が手に入りやすい
・ほかのメニューをパッと思いつかない 

 

などが挙げられます。

 

いつもと違う料理を作っても、もし家族の誰かがそのメニューが苦手という場合はほかにもう一品用意したり、味付けを変えないといけなくなる。

手の込んだ料理を作っていては、食べる時間に間に合わなくなる。

他の材料を使いたくても、今ある食材を残すと駄目にしてしまう。

 

つまりこういった条件を考慮しながら、家族全員の大好きな定番のメニューリストを増やしていくのがおススメです。

 

 

 

ワンパターン化を改善するとは、毎日の料理に変化をつけて飽きないようにすること。

ならば、

 

調理法を変える⇒

バリエーションを増やす⇒

味付けを変える⇒

食材を変える⇒

見た目に変化をつける(盛りつけや調理器具)⇒

 

などを気を付けると、さらに変化に富んだ献立になっていくというわけです。

 

 

どのくらいの頻度で、同じメニューを出すか?

 

多くの家庭で定番であろうカレーやハンバーグ、餃子やおでんなど、あなたや家族にとって「頻繁に出てくる」と感じるのはどのくらいの周期でしょうか?

週に1回、2週間に1回、それとも一カ月に1回くらい?

 

もし1カ月の感覚なら、30パターンの定番メニューを決めていれば同じ献立がかぶることはありません。

60パターンあれば、約2カ月。

 

たとえ同じメニューや食材を使っていても、それがみんなのお気に入りであれば何回出してもОKというものもありますよね。

「このくらいの頻度でお気に入りの○○を作る」と決めておくと、その分の献立プランが埋まります。

 

メニュー数が少ない、もしくは思いつかないという場合は、

あなたや家族みんなが好きなものを今一度確認してみたり、たくさんの料理が紹介されているクックパッドやレシピ本などを一緒に見ながら、お好みの料理を新たに選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

続きはこちら≫

記事を書いた講師
中村友美(ゆみなか)
時短家事コーディネーターExpert
整理収納アドバイザー1級
クリンネスト1級
PAGE TOP